聖光学院の併願校パターンを徹底解説!

今回は神奈川の名門「聖光学院」について解説します!

 

併願校ってどのくらいの偏差値の学校をうければいいの?」「そもそもいつから併願校受験を行うのかな?

あなたもこんな悩みをもっていませんか?

今回はそんなお悩みを解決します!

 

 

聖光学院の受験日について


聖光学院の2019年度受験日は

2月2日(日)と2月4日(火)の2日間です。

2月4日はかなり難関であるため、2月2日までに合格を勝ち取ることが大切になります。

 

聖光学院受験生のおすすめ併願校3選


①駒場東邦

②都市大付

③筑波大駒場

の3つです。

もちろん、偏差値によって併願校は変わりますので、下記の偏差値別併願戦略を参考にしてみてください。

 

偏差値別併願戦略について


聖光学院のR4(日能研偏差値で合格率80%以上)は偏差値67となっています。

そのため

①偏差値67以上で、すでに納得のいく合格がある場合

②偏差値66未満で、聖光学院が挑戦校の場合

の大きく2パターンの併願戦略が考えられます。

 

パターン①の場合

1月中

・灘 71

・西大和 68

・渋谷幕張 68

・栄東(東大Ⅰ)66

・函館ラサール 62

2月1日

・開成 70

・麻布 67

・駒場東邦 63

2月2日

・聖光学院 68

2月3日

・筑波大駒場 72

・浅野 64

2月4日

・聖光学院 69

 

 

パターン②の場合

1月中

・栄東 66

・函館ラサール 62

2月1日午前

・駒場東邦 63

2月1日午後

・都市大付 57

2月2日

・聖光学院 68

2月3日

・浅野 64

・逗子開成 58

2月4日

・聖光学院 69

・逗子開成 62

・都市大付 58

 

以上が聖光学院の併願パターンになります!

(学校名の横の数字はR4偏差値)

 

 

最後に


聖光学院は神奈川の名門として知られ、2月2日、2月4日ともに合格可能偏差値はかなり高いです。

特に2月4日に関しては日能研偏差値67を下回ると合格がかなり厳しくなります。

そのため受験生が2月4日を受ける場合、前日までの合格が必須です。

2つの併願校パターンからどちらを選ぶべきか見極め、しっかりとした対策を行いましょう!