開成中学校_2004年_第1問

あたえられた4個の整数を一回ずつ使って、たし算、ひき算、かけ算、わり算を組み合わせることにより、1から10までの整数をそれぞれ答えにもつ10個の式を考えます。このとき式にカッコ( )を使ってもかまいません。
例えば2、5、6、8では、次のような式が考えられます。
1=5+6-2-8 6=(8-2-5)×6
2=(2×8-6)÷5 7=6+8-2-5
3=5+8÷2-6 8=(2+5-6)×8
4=(6-5)×8÷2 9=2+5+8-6
5=2+5+6-8 10=(2+8)×(6-5)

いま3、4、7、8を使って、1から10までの整数をそれぞれ答えにもつ10個の式を解答用紙に書きなさい。

関連記事一覧