中学受験・電球に関する常識問題

2014年に赤崎勇さん、天野浩さん、中村修二さんの3名が、「青色発光ダイオード(LED)」の開発に対してノーベル物理学賞を受賞しました。このような話題があると、「ノーベル賞」「電球」に関する問題が出題される可能性があります。

白熱電球はアメリカの発明王とも呼ばれた( ① )の発明。彼は白熱電球のフィラメントとして、いろいろなものを試し、日本の( ② )が最もふさわしいことを発見。現在では、( ③ )という金属が使われている。

白熱電球の入っている箱には、100V用60型と表示されています。60型は正確には60Wと表します。最初の100VのVは( ④ )を表していて、( ⑤ )と読みます。そして、60WのWは( ⑥ )と読み、100Vで使ったときの明るさと( ⑦ )を表しています。

近年、電球の形をしていて、蛍光灯が中に入っている電球形蛍光灯というものが増えてきています。その理由は、蛍光灯は白熱電球より、いくつかの点で優れているからです。

また、最近開発されてあ( ⑧ )というものは電球形蛍光灯よりさらに優れています。

(出典:法政大中学校 23年①)

  1. ニュートン
  2. スチーブンソン
  3. エイジソン
  4. ガリレオ
  5. タングステン
  6. ステンレス
  7. ジュール
  8. ワット
  9. ケルビン
  10. ボルト
  11. 消費電力
  12. 電圧
  13. 電流
  14. ILO電球
  15. LED電球
  16. DDT電球

関連記事一覧