難関女子中志望の受験生がうける1月の併願校

2月の併願校は決まっているけど、1月の併願校はどうしよう?

中学受験でとても大切になってくる併願校。

みなさんが第一志望にする学校のほとんどが2月に試験が実施されると思います。

桜蔭、女子学院などの御三家は2月1日がテストになっているため、もし1月に併願を受けないのであれば、最初のテストが第一志望と状況になります。初めてのテストはその場の雰囲気や緊張があり、なかなか本領発揮することができる受験生は少ないです。

そのため、しっかりと1月校の併願を考えることが必要です。
1月のうちにひとつ合格しているかしていないかで、お子さんにかかるプレッシャーはまったくちがってきます。

そこで今回は、女子中学校を受ける方にすすめる1月校の併願パターンをお教えします。

ぜひ、参考にしていただけるとうれしいです。

受験生のお母さん
今日は併願先生、よろしくお願い致します。
さっそくなんですが、1月校の併願について教えていただきたいです。
併願先生
こちらこそ本日はよろしくお願いいたします。
かしこまりましたでは、さっそく1月の併願校を見ていきましょう!
受験生のお母さん
よろしくお願い致します。
併願先生
では、まずは1月校からご紹介します。
開成などの最難関校のお子さんが1月校として受験なさる学校で多いのは、栄東中学校と渋幕(渋谷教育学園幕張中学校)が多いですね。

1/10 栄東A
1/12 栄東東大Ⅰ
1/22 渋幕

受験生のお母さん
栄東のAと東大Ⅰとは具体的にどう違うのですか?
併願先生
これは、主に入学後のクラス編成に関係しており、最終的な大学の進学先などにも影響があります。将来、絶対に東大に合格させたければ、栄東東大Ⅰを受けると良いと思います。
しかし、入学してからでも成績よってクラスを変わることは可能です。

<栄東学中学校クラス編成について>
中学校には「東大クラス」と「難関大クラス」とが設置されています。東大クラスと難関大クラスは入試日程が異なり、志望に応じて受験していただきます。アクティブ・ラーニングは、東大クラス、難関大クラスともに教育の根幹に据えて学んでいます。
東大クラスは、将来に向けて高い目標を掲げることで、幅が広く、奥の深い学習を行います。特に中学校段階では単に試験で高得点を取ることを目指すのではなく、高等学校の勉強、ひいては大学での研究に資するような地力とも言える学力・教養を身につけることを目標としています。
難関大クラスは、東大クラスと同じカリキュラム、同じ進度で授業を行います。学年が進む時に東大クラスへ移る生徒もいて、年によって東大クラスを増設することもあります。入学後に学力を伸ばす生徒が多いためです。難関大クラスの生徒も高い目標を掲げて日々学んでいます。
栄東中学校「中学クラス編成」

受験生のお母さん
なるほど。主にこの2つが併願校として多いのですね。他にも1月校で多く併願される学校はありますか?
併願先生
女子中の1月校の併願先として他に有名な学校といえば、浦和明の星女子中学ですね。しかし埼玉にある学校なのであまり距離が遠い方にとってはおすすめできません。
受験生のお母さん
なるほど、埼玉ならぎりぎり通える範囲です。
併願先生
そうであれば、浦和明の星女子中学を併願なさっても良いと思います。この学校は桜蔭などを受験する方の併願校としてもよく選ばれるので、簡単ではありません。
受験生のお母さん
なるほど、しっかりとした対策が必要ですね。。。
併願先生
ここで1月校としてすすめている栄東、渋幕、浦和明の星女子はどの学校も立地条件を除けば良い学校です。
あとはご家族でご検討なさってください。
受験生のお母さん
わかりました。ちなみにこれらは難関女子中の併願だと思うのですが、中堅校の場合は1月はどの学校を併願校としたほうがよいですか?
併願先生
埼玉には西武文理がおすすめです。西武文理も1月校で受ける方が多くいらっしゃいます。試験日によって、一貫クラスや特選クラス入試など分かれているのでお子さんにあったクラスの受験日を選択する必要があります。4日間あるので、練習として受けてみても良いかもしれません。

<西武文理の試験日>
1/10 (第1回一貫クラス/第1回特選クラス)
1/12 (第2回一貫クラス/第2回特選クラス)
1/18 (第3回一貫クラス/第3回特選クラス)
1/22 (第4回特選クラス)

<西武文理中「特別選抜クラス」>
特別選抜クラスは、将来、東京大学や京都大学、国公立大学医学部などの超難関大学に現役で進学を希望する生徒を対象にした精鋭クラス。6年間のゆとりの中で、これらの大学が問う“ほんもの”の学力を育成するのが目標です。中高一貫教育では、普段の学習に取り組む姿勢を確立するために、「目標」を常に提示し、その目標に向けて努力させることが大切です。「特別選抜クラス」は、6年間の生活の中で、生徒の「やる気」を引き出し、生徒の目に見える目標設定のために設置しています。中学1年次では「特別選抜クラス入試」の合格者でクラスを編成。中学2年次以降は、1年間勉強した結果と本人の希望を考慮して決めています。授業内容については、特別選抜クラスの生徒は、学習意欲や授業理解度が高いので、演習の量を増やす工夫をしています。
西武学園文理中学・高等学校[特別選抜クラス]

受験生のお母さん
なるほど、やはりいろいろなクラスがあるのですね。
併願先生
はい。特待生度などに入ると入学金の免除などもあります。
受験生のお母さん
わかりました。1月校の併願校を決める上で大変参考になりました。ありがとうございます。
併願先生
はい。また何か質問があれば、お申し付けください。ご健闘をお祈りしております。

関連記事一覧